決済に進む

空気をたくさん混合し、
大量の泡を発生させる独自の技術

お湯と空気、そして少量のソープ

「KINUAMI U」は消防車や消火機器に使われている泡生成技術を応用しています。本体に内蔵されている小型コンプレッサーで、専用ボディソープとお湯、そしてたくさんの空気を混合することにより、少量のソープでも大量の泡を生成することができます。
発泡倍率3倍
発泡倍率5倍
発泡倍率11倍
発泡倍率20倍
モニター調査から導き出された理想の発泡倍率(約11倍)で、人の手では泡立てられないような濃密な泡を生成します。

温かい泡で体温低下を軽減

空気をたくさん含む絹泡は、一般的に手で泡立てた場合の泡に比べて全身に吸い付くように密着するため、身体から熱が逃げるのを抑え、温かさを維持します。

「KINUAMI U」による泡と、泡立てていない同重量のソープ水溶液を全身に塗布した実験を実施。泡がある条件では、ない条件と比較して、胸部の肌表面の温度が統計学的に有意(p<0.01)に高いことを確認しました(図1)。塗布した泡により、胸部の皮膚の温度低下が抑制されているのがわかります。

購入する

TOPに戻る